So-net無料ブログ作成

雑記帳 手すき和紙のウエディングドレス 秋田・横手(毎日新聞)

 秋田県横手市に200年以上前から伝わる手すきの「十文字和紙」を使ったウエディングドレスを、同市の手芸家、泉川祐子さん(62)が作った。31日まで、同市のイベント施設「ね・ま〜れ」で展示している。

 素朴で温かい独特の風合いを知ってほしいと考え、和紙職人や手芸仲間が協力。純白ですそが広がったプリンセス型と、紙素材のこうぞの白皮をむいてアレンジしたマーメード型の2着を約2カ月かけて仕上げた。

 白むくで隣町から嫁いだ元小学教師の泉川さんは「いいな、という人がいれば作ってあげたい」。婚姻率(人口当たりの年間結婚数)が全国最低レベルの秋田だが、“紙の導き”でカップルが生まれるか。【佐藤正伸】

【関連ニュース】
<ウエディングドレスの話題>西川史子:「これで完璧、無敵の女に」バレンタイン挙式 ウエディングドレス姿で結婚会見
<ウエディングドレスの話題>南明奈:ウエディングドレス姿で“よん様”と模擬挙式
<ウエディングドレスの話題>道端ジェシカ:桂由美のウエディングドレスでパリコレデビュー バトンとの結婚は無言
<ウエディングドレスの話題>結婚式にペンギン2羽が「出席」 静岡のホテルで
源氏物語結婚式:紫式部邸宅跡で十二単 女子大生が発案

訃報 金嬉老さん81歳=寸又峡事件の元受刑者(毎日新聞)
カード番号売買「裏サイト」暗躍 モンベル顧客情報流出(産経新聞)
小林千代美議員、離党も辞職もせず…会見で表明(読売新聞)
アシアナ機オーバーラン、報告は2日後(読売新聞)
芸能プロ経営者を逮捕=モデル志望女性を暴行容疑−変装し逃亡か・警視庁(時事通信)

<オウム>松本死刑囚の弁護士1人、処分を変更 日弁連(毎日新聞)

 オウム真理教の松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(55)の控訴審で弁護人を務め、所属する第二東京弁護士会から業務停止1カ月の懲戒処分を受けた松井武弁護士に対し、日本弁護士連合会は、より軽い戒告処分に変更することを決めた。裁決は今月9日付。ともに弁護人を務めた松下明夫弁護士については、仙台弁護士会による戒告処分を支持した。

 弁護士の懲戒処分には、重い順に▽除名▽退会命令▽業務停止▽戒告−−の4種類がある。

【関連ニュース】
東京地検:弁護士と元妻を8億円脱税で起訴
日弁連会長選:再投票で宇都宮氏当選
懲戒請求:弁護士6586万円着服 地位悪用し 愛知
日弁連:会長選再投票は10日 都市対地方の構図で激戦に
詐欺容疑:国選弁護費用を水増し請求、弁護士逮捕 岡山

医薬品の安全対策「医療機関が責任を持って対応を」(医療介護CBニュース)
駐車場屋根、折れ曲がり直撃=女性死亡、強風原因か−北九州(時事通信)
仏像頭すげ替え訴訟、復元不要の判決…知財高裁(読売新聞)
北沢防衛相、25日から沖縄訪問(時事通信)
<掘り出しニュース>不審者見逃さないワン “かわいすぎる”お巡りさん、人気(毎日新聞)

唐澤・原中両陣営、25日以降に役員候補発表(医療介護CBニュース)

 4月1日に投開票が行われる日本医師会会長選挙に立候補している、現職の唐澤祥人氏、茨城県医師会長の原中勝征氏の両陣営は3月20日、副会長以下の役員候補者を、立候補の締め切り日である25日以降に発表する考えを明らかにした。京都府医師会の森洋一氏の陣営は「未定」としている。

 唐澤氏は、従来の「キャビネット選挙」はしない、との考えを改めて示した上で、「手を組めばいい仕事ができる人を代議員の皆さんに伝えたい」と述べた。また、鈴木聰男・選対本部長も、「(役員候補者を示さなければ)誰に投票すればいいのかを聞かれた時に無責任な感じがする」とし、唐澤氏が共に仕事をしたい「チーム」の候補者を発表する考えを示した。人数については定員(副会長3人、常任理事10人)と同数にならない可能性もあるとし、人選では「他(陣営)にもあちこち入っている方はご遠慮願うかもしれない」と述べた。

 唐澤氏同様、キャビネット選挙の見直しを主張している原中氏は、役員候補について「現執行部の中にも会員のために相当働ける人がいる。そういう人には残ってほしい」と述べ、現執行部役員の推薦に含みを持たせた。
 副会長候補については、「(立場や考え方が自分と)別の方が選ばれると会員に迷惑をかけると思う」と述べた上で、定員と同数の3人を推薦する考えを示した。また、常任理事候補については、「別系統から来た人でも一緒にやるつもりだ」と述べた。

■唐澤氏「途中退場はしない」
 唐澤氏は20日の記者会見で、25日までに立候補を辞退するのではないかとの問いに対し、「4月1日を迎えるまで頑張る。絶対に途中で退場することはない」と断言した。


【関連記事】
「全員参加、情報発信力ある日医に」―唐澤氏
キャビネット選挙どうする? 日医会長選3候補が見解
「民主党に物が言えるのは私だけ」−日医会長選、原中候補が主張
日医会長選、立候補3氏が初の公開討論
日医会長選の3候補が北海道医師会で演説

芸術院賞に9人=粟津氏らは恩賜賞も(時事通信)
ひき逃げ容疑で会社員逮捕=路上に男性横たわり、死亡−警視庁(時事通信)
<原口総務相>遅刻で謝罪 参院総務委が中止(毎日新聞)
<仙谷国家戦略相>日本免許ない外国人医師受け入れに前向き(毎日新聞)
伊能の象限儀、国宝に=岩崎家を文化財登録へ−審議会答申(時事通信)

<不起訴>元Jリーガーを東京地検 告訴取り下げなどで(毎日新聞)

 東京地検は18日、強制わいせつと強盗の容疑で逮捕され、処分保留で釈放したサッカーJリーグの茂原岳人・元選手(28)を不起訴処分にした。警視庁は、09年12月に東京都渋谷区で通りがかりの当時19歳女性の体を触り、現金数万円入りの財布を奪ったとして逮捕したが、地検は「強制わいせつ容疑は女性が告訴を取り下げ、強盗容疑は容疑不十分」と説明している。

 茂原元選手は「全くの冤罪(えんざい)で逮捕されたことは残念」、西澤滋史弁護士は「担当検事から『被害者とされた女性について虚偽告訴罪で刑事処分を検討している』と聞いている。警察のずさんな捜査に法的措置を検討している」とのコメントを出した。

【関連ニュース】
広島女児強姦:元教諭に2審も懲役30年 広島高裁判決
暴行容疑:女性に汚物投げつけた男を逮捕へ 埼玉県警
性的暴行:英会話学校経営の米国人逮捕 女児数十人被害か
公然わいせつ:容疑の税務署員逮捕 福岡
強制わいせつ:容疑の警官逮捕 福岡

狩野選手に祝福の電話=首相(時事通信)
<特別交付税>09年度は2.7%増加(毎日新聞)
野党が一斉攻勢、小林千代美氏の議員辞職求める(読売新聞)
<鶴岡八幡宮>「無事に育って」…移植の大銀杏を一般公開(毎日新聞)
最後のラブレター「遺言信託」 相続の争い解消…自筆は問題も(産経新聞)

学士院賞 iPS細胞研究の山中氏ら11人に(毎日新聞)

 日本学士院(久保正彰院長)は12日、10年度日本学士院賞の受賞者9件11人を内定した。表章・法政大名誉教授(82)と山中伸弥・京都大iPS細胞研究センター長(47)は恩賜賞も併せて受賞する。また自然保護や種の保全に関する優れた学術成果を上げた研究者に隔年で贈られる日本学士院エジンバラ公賞には、西平守孝・東北大名誉教授(70)が選ばれる。恩賜賞・日本学士院賞は1910年に創設され、今回が100回目。【奥野敦史】

 受賞者と研究対象は次の通り。(敬称略)

 ◇恩賜賞・日本学士院賞

 表章(おもて・あきら)法政大名誉教授(82)=日本中世文学、「能楽史の研究」

 山中伸弥(やまなか・しんや)京都大物質−細胞統合システム拠点iPS細胞研究センター長(47)=幹細胞生物学、「人工多能性幹細胞(iPS細胞)の樹立」

 ◇日本学士院賞

 梅原郁(うめはら・かおる)京都大名誉教授(76)=東洋史学、「宋代司法制度研究」

 斎藤修(さいとう・おさむ)一橋大名誉教授(63)=比較経済史・歴史人口学、「比較経済発展論−歴史的アプローチ−」

 黒岩常祥(くろいわ・つねよし)東京大名誉教授(68)=生物科学、「ミトコンドリアと葉緑体の分裂・遺伝様式に関する基本機構の発見」

 佐藤勝彦(さとう・かつひこ)東京大数物連携宇宙研究機構特任教授(64)=宇宙物理学、「加速的宇宙膨張理論の研究」

 村井眞二(むらい・しんじ)奈良先端科学技術大学院大理事・副学長(71)=応用化学、「遷移金属分子触媒による有機化合物の骨格形成法と修飾法の開拓」(共同研究)

 村橋俊一(むらはし・しゅんいち)大阪大名誉教授(72)=有機合成化学・有機金属化学、同前(共同研究)

 大類洋(おおるい・ひろし)東北大名誉教授(68)=生物有機化学・分析化学、「新規生物機能性分子の創製とその応用に関する研究」(共同研究)

 北原武(きたはら・たけし)東京大名誉教授(66)=有機合成化学・天然物化学、同前(共同研究)

 田中啓二(たなか・けいじ)東京都臨床医学総合研究所所長代行(60)=生化学・分子生物学、「プロテアソーム(たんぱく質分解酵素複合体)の構造と機能に関する研究」

 ◇日本学士院エジンバラ公賞

 西平守孝(にしひら・もりたか)東北大名誉教授(70)=動物生態学・サンゴ礁生態学、「沖縄を中心とした我が国のサンゴ礁の形成と保全の研究」

【関連ニュース】
iPS細胞:「腸」作成…「立体」は世界初…奈良県立医大
iPS細胞:遺伝子やウイルス使わずに作成 米大が成功
iPS細胞:難病患者の皮膚から作成 テロメアを修復
iPS細胞:薬品投与で作成成功 遺伝子やウイルス使わず−−米ハーバード大チーム
iPS細胞:作成技術で長寿に? 米チーム、老化にかかわるテロメア修復

「政治家より偉い」橋下知事、自衛隊入隊予定者激励(産経新聞)
<公明党幹事長>民主接近を否定「是々非々で対応してきた」(毎日新聞)
小型ヘリ墜落、社長ら不起訴=「乗客操縦の証拠ない」−大阪地検支部(時事通信)
敦賀原発1号機 運転開始40年に 国内初 想定期間超す(毎日新聞)
鶴岡八幡宮の大イチョウ、7m西に植え替え(読売新聞)

<将棋>羽生、封じ手は5四歩 王将戦第5局2日目始まる(毎日新聞)

 羽生善治王将(39)に久保利明棋王(34)が挑む第59期王将戦七番勝負(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)の第5局は11日、和歌山県白浜町のコガノイベイホテルで2日目が始まった。

 3勝1敗の久保が初めて王将を獲得し、棋王と合わせて2冠となるか。6連覇を目指す羽生が底力を見せて踏ん張るか。

 久保の三間飛車に羽生が居飛車で対抗した本局。羽生が銀冠に構えたところで、すでに美濃囲いを組んでいた久保が6五歩(31手目)と開戦した。そこで羽生がじっくり読んで封じ手を決め、指し掛けになっていた。

 久保、羽生の順に対局室へ入り、2人が31手目までの局面を盤上に再現した。立会の南芳一九段が封じ手を開け、「5四歩です」と読み上げた。

 羽生の5四歩は、先手の攻めの圧力を緩和しようとする一手だ。久保は47分考えた末、6四歩と取り込む。同銀に対して今度は20分使い、6五歩と押さえた。【山村英樹】

【関連ニュース】
将棋:三間飛車対居飛車…王将戦・第5局
将棋:王将戦第5局 久保初の奪取か、羽生意地見せるか
囲碁:張栩が棋聖奪取 7冠制覇
将棋:王将戦第4局開幕 持久戦調の展開に
将棋:17日から王将戦・第4局

<東京大空襲>世話した孤児320人 きっと立派に(毎日新聞)
山内議員元秘書11日にも再逮捕、別の詐欺容疑(読売新聞)
地方公務員の8割超が将来不安=「老後の生活資金」などで−財団調査(時事通信)
小林千代美議員、地検の聴取に応じる意向(読売新聞)
<地震>福島県浜通りで震度5弱=午後5時8分(毎日新聞)

与謝野氏側近、火消し躍起 政権交代目的、舛添氏は同調(産経新聞)

 自民党の大島理森幹事長は8日、与謝野馨元財務相が党執行部の一新を求めている問題をめぐり、党本部で与謝野氏に近い園田博之幹事長代理から事情を聴いた。園田氏は「(与謝野氏と)同感だ」と述べ、平成22年度予算案の年度内成立をすんなり許すような執行部の運営に強い不満を示した。ただ「与謝野氏は執行部を代えることまで求めていない。このまま民主党政権が続けば日本がつぶれるとの気持ちが高じてのことだ」と述べ、政権交代が目的で、党内の権力闘争のためではないことを伝えた。

 大島氏は近く同氏とも会談する意向を伝えたが、園田氏は「話し合いで収まるものでもないし、ポストを与えて済むような話でもない」と、現状で両者が会談しても問題の解決は期待できないとの考えを示した。

 これに対し、谷垣禎一総裁は8日夜、「党内抗争は昨年の衆院選で敗北した最大の原因だった」と、与謝野氏を改めて牽制(けんせい)した。

 一方、「谷垣降ろし」に言及してきた舛添要一前厚生労働相は同日、国会内で記者団に対し、与謝野氏に「同じ問題意識で発言し、行動している」と一定の理解を示した。また「百家争鳴でいろいろな意見が出るのは自民党自体の発言力や発信力を増すので党にとってプラスだ」とも述べた。

 参院選前の政界再編に言及している中川秀直元幹事長は、「支持率や人、(党の)顔より、政策、理念の旗を立てることが一番大事だ」と、与謝野氏に否定的な考えを示した。

与謝野氏の動き、谷垣氏が不快感(産経新聞)
トランス脂肪酸、自主表示を=メーカーに通知へ−消費者庁(時事通信)
官房長官と沖縄知事が午後会談=普天間移設問題で(時事通信)
宮内庁発表にヤンキー先生激高「あまりに信じられない」(スポーツ報知)
地元反対決議でも理解求める=普天間移設で平野官房長官(時事通信)

鳩山・小沢会談 疑惑隠しに献金カード(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相と民主党の小沢一郎幹事長が2日の会談で、企業・団体献金禁止のための与野党協議機関の設置の呼びかけを打ち出したのは、「政治とカネ」の問題をめぐる逆風をはね返そうという思惑がある。3日からの参院での平成22年度予算案の審議で、自民党は首相や小沢氏が絡む疑惑や北海道教職員組合(北教組)の違法献金事件を厳しく追及する構え。民主党は自民党がもっとも嫌う企業・団体献金禁止の協議を各党に呼び掛けて、同党の追及を鈍らせるねらいもあるようだ。

 民主党はこれまでの国会審議で、自民、公明、みんなの3党が提出した石川知裕衆院議員の辞職勧告決議案の採決に応じないなど、小沢氏や首相に絡む疑惑や北教組事件を事実上棚上げにし、数の力で予算案の年度内成立を確実にした。

 その上で今後の「政治とカネ」をめぐる批判をかわすために、首相と小沢氏が用意したのが、企業・団体献金の禁止だ。

 小沢氏は西松建設の違法献金事件発覚後の昨年3月、企業・団体献金の全面禁止を唱えた。民主党は昨夏の衆院選マニフェスト(政権公約)にも「政治資金規正法を改正し、その3年後から企業団体の献金およびパーティー券購入を禁止する」などと盛り込んだ。

 ≪民主内から懸念も≫

 だが、連立与党の国民新党は慎重姿勢で、マニフェストで約束したはずの民主党内でも、企業献金や労組の団体献金の禁止に懸念を示す声がくすぶっている。

 「予算(審議)があろうがなかろうが(与野党の)協議が整えば、どんどんやればいい」

 参院民主党幹部は2日、鳩山、小沢両氏が合意した与野党協議機関の設置の方針を確認した党臨時役員会後、こう解説した。

 企業献金の禁止は、自民党議員にとって死活問題。このため「自民党が反対するから、与野党の話し合いがまとまるはずがない。それを見越した上での提案だ」(民主党中堅)との分析もある。

 首相と小沢氏の会談に同席した平野博文官房長官も2日夕の記者会見で、各党の協議がまとまらなかった場合には民主党だけでも政治資金規正法改正案をつくるのかと記者団に問われると、「うんぬんいう立場にはない」と言葉を濁した。

 ≪自民は反発≫

 早速、自民党の谷垣禎一総裁は2日、「こういうまやかしの案に乗るわけにはいかない」と反発した。

 一方、与野党協議機関の提案が受け入れられた公明党は「政策上の成果だ」(党幹部)と大喜びだ。

 小沢氏は2日、記者団に首相が「企業・団体献金の禁止は党首討論でも公明党の(山口那津男)代表から提案があって」と語ったことを紹介しており、公明党を意識したものであるのは間違いない。

 また、小沢氏は同党の支持母体、創価学会の幹部と2月26日に会談したばかりだが、企業・団体献金の禁止は、自民党と公明党との関係をさらに引き離し、民主、公明両党との関係は強化させるのにも効果的ともみているようだ。

【関連記事】
政府・民主、企業・団体献金禁止で与野党協議呼びかけへ
北教組事件で問われる民主の体質 「労組ぐるみ選挙」が常態化
党のあり方など話した…? 小沢氏との会談で鳩山首相
小沢・オバマ会談阻止? 米「議会招待」で調整…「政治とカネ」に警戒感
党幹部の辞任を促す 河野太郎氏メルマガで、審議拒否は「ばかげたスタンドプレー」
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

“ミロのビーナス”にブラ!?かえって…(読売新聞)
2ちゃんサーバーダウン続く 韓国紙に「大規模サイバー攻撃計画」(産経新聞)
<火災>アパート爆発 1人死亡3人重軽傷 福島・矢吹町(毎日新聞)
<のぞみトラブル>オイル漏れ感知せず(毎日新聞)
「密約」で参考人質疑へ=衆院外務委(時事通信)

首相動静(3月5日)(時事通信)

 午前6時45分、松井孝治官房副長官が公邸に入った。同47分、松野頼久官房副長官が加わった。
 午前8時4分、松野、松井両氏が出た。同10分、公邸発。「日米の外交密約について、核持ち込みなど政府はこれまで否定する見解を示してきたが、今後は」に「いわゆる非核三原則は基本的にこれからも守るのは言うまでもない」。同12分、国会着。同13分、院内大臣室へ。同16分、閣議開始。
 午前8時42分、閣議終了。同43分、院内大臣室を出て、同44分、国会発。同46分、官邸着。同48分、執務室へ。
 午前9時、松井官房副長官が入った。同7分、松野官房副長官が加わった。同28分、松野氏が出た。
 午前9時41分、松井氏が出た。
 午前9時51分、執務室を出て、同52分、官邸発。同54分、国会着。同55分、参院第1委員会室へ。同10時、参院予算委員会開会。
 午後0時、参院予算委休憩。同2分、参院第1委員会室を出て、同4分、国会発。同6分、官邸着。同7分、執務室へ。
 午後0時12分、執務室を出て首相会議室へ。同40分、同室を出て執務室へ。
 午後0時51分、執務室を出て、同52分、官邸発。同54分、国会着。同56分、参院第1委員会室へ。同1時、参院予算委再開。
 午後4時7分、参院予算委散会。同8分、参院第1委員会室を出て、同10分、国会発。同12分、官邸着。同13分、執務室へ。
 午後5時11分から同24分まで、三谷秀史内閣情報官。
 午後5時25分、直嶋正行経済産業相、小沢鋭仁環境相、仙谷由人国家戦略担当相が入った。
 午後5時54分、全員出た。同57分、岡田克也外相、藪中三十二外務事務次官が入った。
 午後6時32分、岡田、藪中両氏が出た。
 午後6時44分、執務室を出て、同45分から同50分まで、ホワイエで報道各社のインタビュー。「普天間移設問題で沖縄への説明はいつするのか」に「それほど遠くない時期にするのではないか」。同51分、官邸発。
 午後7時10分、東京・高輪のグランドプリンスホテル新高輪着。日本アカデミー賞授賞式に出席し、あいさつ。同31分、同所発。
 午後7時45分、東京・元麻布の日本料理店「暗闇坂 宮下」着。秘書官らと食事。
 午後10時7分、同所発。同18分、公邸着。
 6日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

<内職教材商法>詐欺容疑で元社長ら逮捕 千葉県警(毎日新聞)
無認可託児所で2時間放置、5か月女児窒息死(読売新聞)
借金返済「待ってほしい」=事件前、上田容疑者が運転手に−同居男証言・鳥取不審死(時事通信)
元岩出市部長らを再逮捕=公共工事で贈収賄−和歌山県警(時事通信)
慶大と韓国・延世大、囲碁交流(産経新聞)

<小1男児殺害>母親が起訴内容認める 福岡地裁で初公判(毎日新聞)

 福岡市西区で08年9月に起きた小1男児殺害事件で、殺人罪に問われた母親の富石薫被告(36)の初公判が3日、福岡地裁(松下潔裁判長)で始まった。被告は起訴内容を全面的に認めた。検察側は「発達障害の息子の暴言・暴力に対する憤まんを爆発させて絞殺した」と動機を述べた。一方、弁護側は「事件当時は心神喪失か心神耗弱状態だった」として、刑事責任能力などを争う姿勢を示した。

 検察側は冒頭陳述で「被告の病気(筋繊維痛症)と息子の病気が事件の背景にある」と指摘。そのうえで「犯行前に(殺害現場となった公衆便所の)便座から起き上がるのを手伝ってもらった際、息子から『くそばばあ、病気のママなんていらん。はやく死んでしまえ』とののしられ、憤まんを爆発させた」と述べた。

 また、責任能力については▽犯行後に遺体を隠した▽息子のGPS機能付きの携帯電話を雑木林に捨て第三者の犯行に見せかけた−−などの隠ぺい工作を指摘し「完全責任能力があった」と主張した。

 一方、弁護側は被告の病歴を詳細に明かし「事件当時は、服用していた抗うつ剤の副作用があった」として「心神喪失か心神耗弱状態で、無罪か刑を減軽すべきだ」と主張した。

 起訴状によると、被告は08年9月18日、西区の小戸公園のトイレで、長男弘輝君(当時6歳)の首をビニールホースで絞めて殺害したとされる。【和田武士、金秀蓮】

 ◇筋繊維痛症と診断

 富石被告は06年、全身に痛みが走る難病「筋繊維痛症」と診断された。また、事件から約1カ月半前の08年8月には適応障害などと診断され、抗うつ剤を処方された。それから約1カ月。被告は服用量を変えるなどしながら飲み続けたが、9月9日に服薬自殺を図り、その9日後に事件は起きた。【和田武士】

政治家の監督責任強化に意欲=規正法、今国会で改正−鳩山首相(時事通信)
葬祭便宜疑惑の大阪市 斎場職員が死亡 自殺か(産経新聞)
<白馬モーグル大会>協賛有無にかかわらず「JAL杯」で開催へ 来月11日(毎日新聞)
<チリ地震>支援準備を…鳩山首相が指示(毎日新聞)
<日本航空>女性スタッフで「ひなまつりフライト」運航(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。